Softbank ロゴ Softbankの携帯(Androidスマホ)を持っているのですが、諸事情により白ロムAndroidスマホを買ったので過程をちょっと解説しようかなとか思ってるけど、どうだろうね・・・。


Take.1





  どうも、懐かしのDISKです、はい・・・。 ネタあったのにめんどくさくて2ヶ月もほっといてしまいました・・・。でもって、書き方のテンプレを忘れました、はい・・・。なので、テケトーにやっていきたいと思います。


◎購入理由
 さて、それでは『何故白ロム端末が必要になったのか』から説明するとしますか。
 理由は簡単です!今使ってるスマホが不調すぎて使い物にならないから。 今私が使っている(契約している)端末がSoftbank 006SHです。で、この端末がいつ発売したのかというと2011年夏モデルですので、約1年半ほど前・・・。でもって、その時に売っていた有名端末を1つ挙げるとiPhone 3Gだか3GS。そう、何を隠そう端末が古い!!!!!!!!!!CPUにいたってはシングルコアの1.4GHz駆動!!!OSはAndroid 2.3!なんというか、ろくに使えないのです。今日にいたっては2回も勝手に再起動いたしました。たしかに私の使い方がヘビーなのは認めます。でもいくら何でも使い物にならない・・・。
 と言うありきたりな理由で白ロム購入にいたりました。   (海外SIMフリー端末は契約を変更しないといけないので除外)


◎何を買うか
 で、白ロムを買うのを決定したのはいいけど何を買うか・・・。とりあえず、006SHの機種料金がまだ残っているので機種変はしたくない・・・。また、自分で契約することができないので、au、docomoの端末を買うことはできない・・・。となると、Softbank端末しか買えない・・・。
 で、Softbankに決定したのはいいけど、いろいろと制限がある・・・。まずは制限について。
 1.SIMカードの種類が違いのでAndroid端末しかダメ
 2.プランの変更が出来ないので、4Gや4G LTEの端末はダメ
 3.個人的に赤外線とおサイフケータイの機能が欲しい
 4.お金があまりない(←一番重要)
 というわけで、探す対象は『契約が4Gにならない所(ULTRASPEEDまで)、ガラスマ、安い』になりました。


◎どこで買うか
 購入方法として私が挙げられるもの
 1.オークション
 2.白ロム販売WEBストア
 3.ソフマップなどの中古
 4.秋葉原の白ロム店
 で、この4つが候補に挙がったわけであとは消去法。まず、オークションは落札までPCに縛られるし、時間がないので却下。同じく時間がないという理由で秋葉原に行けない。となると選択肢は2と3。しかし、家電量販店の中古は値段高いわ、iPhoneばっかりだわでろくなのがないので足を運ぶだけ無駄。
 というわけで、WEBストアに決定!!!


◎購入方法
 では実際にどこで購入するか・・・、で悩みましたがテキトーにググってでてきた『ケータイアウトレット(ムスビー)』で購入することにしました。理由としては端末ごとにカテゴリー分けされていたので見やすかったのですよ・・。あとは、フリーマーケット的な感じで出品者が値段を決められるので案外安いということです。
 しかも、オークションと違ってムスビーが半仲介してくれるので、お金を払ったのに商品が来ないということが少ないのです!流れとしては、購入→お金をムスビーに送金→送金されたことをムスビーが出品者に報告→端末を出品者は発送→商品が届いたことを報告→ムスビーがお金を出品者に払う、と言う感じで出品者にも購入者にも優しいシステムなのです。

・トップページ 
ムスビー
 このようにすごく検索がしやすく、また親切なつくりのサイトとなっております。

・購入前
購入前画面
  欲しい商品のページを開きます。そして、アカウントを作りログインします。で、購入手続きに進むをクリック!!!!あとは、指示にしたがって購入します。

・購入後
購入画面
 今感じで商品が届いて、出品者にお金が渡るまで『取引中!』になります。

・取引終了
取引終了
 こんな感じで売り切れます。


◎購入編 感想
 さて、こんな感じで簡単に白ロム端末を購入することができます。それぞれのキャリアによって契約内容が違ったりしますので、多少の知識が必要ですがだれでも簡単に購入出来ます。
 普通に月賦契約するよりは高いですが、割りと安めで端末を一括購入出来ますので、私のように端末料金の月々支払が終わってない人で端末を新しくした人は一考してみてはいかがでしょうか。。。

端末が届き次第、『設定編』を執筆したいと思います。