Dropbox いまさらながら、『Dropbox』に登録してみました。まぁ、忘れないように書いてるだけですが・・・


  どうも、ついにセンター試験が終わり大学入試に終わりが見えたかと思ったら、センターがぼろぼろで志望校の変更を考えなければいけないかもしれないDISKです。(紹介文、長っww) 今回は、前に使っていたPCが壊れてしまいいろいろと開発データ(プログラムのソースなど)が丸ごとお亡くなりになってしまい、大変な目にあったのでデータ共有に便利だと聞いたので『Dropbox』に登録してみました。

  個人的な話ですが、今までは週1ぐらいでバックアップ用USBメモリにソースファイルなどのバックアップをしていたのですが、それだと、頻度が少ないことに今回(?)の出来事で気が付きました。ですから、オンラインで常にバックアップを取りたいと思ったのが、今回のDropbox登録の目的です。なぜDropboxにしたかと言うと、これなら自動同期フォルダの中にソースを保存場所にすれば、自動的にバックアップがとられるからです。しかも、違うPCでもデータの移動なしに開発が出来るからです。

◎Dropboxとは(WIkipediaより抜粋)
  専用のフォルダにファイルをドラッグ&ドロップするだけで、データの共有・同期が可能。登録されたファイルはオンラインでバックアップされ、ファイルの変更履歴をもとにロールバックすることができる。他のオンラインストレージと比べてDropboxが有利な点は,ファイルのアップロードの簡便さにある。Dropboxはパソコンの専用フォルダにデータを保存すれば自動的にWeb上のデータも更新される。ローカル上のデータをオンラインと同期することから、オフラインで使用したいときでもダウンロードの必要はない。
  2GBのオンラインストレージが利用可能な無料サービス

  要するに、ネット上に写真や動画、その他もろもろのファイルをバックアップでき、ほかのPCやスマホでいつでもデータを共有することが出来るサービス ってことです。 

◎登録方法
  最初は英語で表示されますが、下のほうにある『English』というやつを『日本語』に変更すれば日本語表示になりますので、日本語が読めれば誰でも登録できると思います。(まぁ、最初の英語の状態でも小学校程度の英語力があれば普通に登録できますが(笑))
1、Dropbox トップページ
2、項目を入力
First name 名字を漢字又はローマ字で入力
Last name  名前を
Email   Gmailやyahoo mailのアドレスを入力(携帯のメールアドレスでも問題はないと思う)
Password  好きなパスワードをいれる
   あとは、利用規約に同意する場合は、チェックボックスをクリック
3、以上

書くまでも無く、めっちゃ簡単ですww


◎紹介による容量UP制度
 紹介したりされたりすると、本来は2GBしか容量がないのですが、250MB無料追加される便利なサービスです。ぶっちゃけた話し、2GBとか少ないです!!といっても、ソースファイルくらいだったら、2GBあれば十分ですが・・・。
 しかし、紹介得点取得条件が結構めんどくさく、7つ条件のうち5つをクリアしなければならないのですww
1、Dropbox紹介ビデオを見る(←簡単)
2、コンピュータにDropboxをインストール(←簡単)
3、Dropboxフォルダにファイルを置く(←簡単 テキトーなもんをつこめばいい)
4、複数のコンピュータにDropboxをインストール(←ちょっと難関)
5、友達や同僚とフォルダを共有(←ボッチには不可能)
6、友達をDropboxに招待(←ボッチには不可能)
7、モバイル端末にDropboxをインストール(←Android、iPhone、iPodtauchがないと不可能)

と案外5つが難しいですww

この記事を読んでDropboxに登録してみようと思った方は、下の紹介用URLから登録をしてくださるとうれしいです。
紹介用URL
Dropbox_紹介


以上です。