RealLiveMax ロゴ前回、申し込みをしたものが承認されたので、見た目などを紹介!!





  どうも、物理の授業中に携帯をいじってたら、運悪くばれてしまい、1週間没収とゆう学校生活で一番長い没収をくらい完全に落ち込んでいるDISKです。 普通の先生なら、その日の放課後まで没収とか、次の日の放課後までとかなのに1週間とか...これだから転任してきたばかりの先生はだめなんだ!!!

  てか、ついにPCも携帯も無いとゆういかにもグンマー在住な人になってしまいました(笑)もう、家でTwitterが できないorz ほんとに家で何をしろと言うのだ!!!!!!


  では、本題です。昨日の記事で申請方法を書き綴りましたが、今回はソフトの紹介をしたいと思います。使ってみた感想としては、結構作業がめんどくさい。でも、本格的なソフトって感じがします。。。プログラミングの知識が多少はないと使えないです。DISKはJAVAとVisual Basic(勉強中)を多少知っていますが、使いこなせるかわかりません。マニュアルてきなやつにはCまたはC++の知識があると使いやすいみたいなことが書いてありましたが・・・。


  あ、ダウンロードリンクだけなら晒しても問題なさそうなので、張っておきます。普通にグーグル先生で検索したらリンク出てきたしwwww
※ダウンロードすればゲームの開発はできますが、申し込みをしないとライセンスがもらえないのでプレーができません。。。
リンク:RealLiveMax ダウンロード


それではスクリーンショットとともに紹介をしていきます!!!
まずは起動したところ 
初回起動
  初めて起動したときのみ、画面の中央にVisual Art'sのロゴが出てきます。本物の開発ソフトって感じです。(ま、本物ですがwww)2度目以降は右下にちっちゃく表示されます。。ちなみに、作成された.iniファイルを削除するばもう一度ロゴを表示させることができます。


メイン開発環境
開発環境
  メイン開発環境と書きましたが正確にはファイル管理ソフトといったところでしょう。スクリプトの記述自体はテキストエディッタを使用しますので、このソフトをつかってスクリプトファイルを管理・コンパイルして実行するといった感じです。


画像変換
画像変換
  このソフトは背景やキャラなどの画像を変換(暗号化?)して使います。そのために、画像ファイルを変換しなければなりません。しかも、変換できるファイル形式が曲者でBMP(ビットマップ)とPSD(Adobe PhotoShop)のみとゆ~、少なさwwフォトショのファイルを扱えるとか流石です!!DISKはフォトショ自体を所有してはいるのですが、PCが無いのであきらめて誰でも一度は触ったことがあるであろうWIndows ペイントを使用してます。使い勝手が悪すぎですorz


画像閲覧
画像閲覧
  先ほど変換したソフトは、独自のファイル形式なので専用の閲覧ソフトがあります。ちょっと余談なのですが、このソフトを使ったらKeyのゲームの画像ファイルを閲覧できるのではないかと思っています。PCがないのでためせないので、誰か試した方がいましたら、コメント欄より結果を教えてください。



  以上でソフト自体の説明は終わりました。DISKは今までNscripterと吉里吉里を使用したことがありますが(てか、ノベルゲーの作成で使いまくっていた)、本格的なソフトは初めてでした。ま~、JAVAやC言語、Perl、HTMLなどをかじってきましたが(本格的に使えるのはまだ、JAVAだけですが.....)、スクリプトの終了時に記述する文字が『OWARI』だったのは初めてですwww 最初に見たときはコーラをディスプレイに吹いてしまいました。(豆知識ですが、最近のDISKは笑いの沸点がめっちゃ低いです。)

ちょっと、スクリプトの例でも。。
#IN
#OUT
# Z00

HAIKEI(_mori,0)
こんにちは!R

OWARI 
このスクリプトだと_moriとゆう名前の画像ファイルを背景に使い、セリフ欄に『こんにちは!』と表示される、いうならばHelloWorld的なものです。OWARIがないとエラーが出るんですよ~wwww



  今回はこれくらいにしておきたいと思います。プログラミングの知識がある人はRealLiveMaxを使ってみてもいいんじゃないでしょうか?知識がほとんど無い人は解説サイトが豊富にあるNScripterをお勧めします。


今回もニコ動の作業用BGMを聞きながら書いたので誤字脱字があったら、お知らせください。東方の楽曲を聴きまくってましたwww例のごとく、作業できなくなるときもありますがww


以上です。